アワビ茸(足太あわび茸)通販/お取り寄せ&バター焼きレシピ!滋賀県竜王町 直売所/道の駅[あさイチ 7月18日]青空レストラン

スポンサーリンク

5月~9月が収穫のピークで4月下旬~10月初旬に旬を迎える滋賀県竜王町のアワビのような歯ごたえのきのこ「アワビ茸(足太あわび茸)」を通販でお取り寄せして炊き込みご飯は如何?

NHK「あさイチ」(7月18日-水-放送)の中継コーナー「おでかけlive」であわび茸栽培直売所「健康農園ビタミン村」と道の駅で販売されている「アワビ茸(足太あわび茸)」が藤原薫リポーターにより紹介されます。

「アワビ茸」とはオオヒラタケという種類のきのこで、アワビのような食感が特徴です。

竜王町のアワビ茸は通常のものと比べると、柄の部分が太いのが特徴で「足太あわび茸」という名前で販売されています。

株式会社ヌーベルムラチ表取締役 邑地礼子(むらちれいこ)さんが中心となり、地元の女性達が太く育てる生産者の工夫と、栽培を続けた20年間の苦労が実り、現在では竜王町の特産品にまでなりました。

今回の「おでかけlive」では、「アワビ茸(足太あわび茸)」茸を買って味わえる道の駅のバーベキュー場でバター焼きやすき焼きを楽しみ、アワビ茸に情熱を燃やす生産者や町の皆さんと一緒に「アワビ茸(足太あわび茸)」の魅力を紹介します。

スポンサーリンク


アワビ茸(足太あわび茸)通販/お取り寄せ

足太あわび茸の値段は、1kgで3,000円(税抜き)です。

アワビ茸(足太あわび茸)とは?

アワビ茸は、オオヒラタケという種類のきのこで、アワビのような食感が特徴です。

中でも今回紹介される「足太あわび茸」は、竜王町のアワビ茸は通常のものと比べると、柄の部分が太いのが特徴です。

生産販売を行っているのは、株式会社ヌーベルムラチで、代表取締役 邑地礼子(むらちれいこ)さんで、20数年前はガソリンスタンド(ムラチ株式会社)を経営していましたが、あわび茸の魅力に感動し、町おこしのためにもと栽培を始めました。

邑地礼子代表が中心となり、地元の女性達が太く育てる生産者の工夫と、栽培を続けた20年間の苦労が実り、現在では竜王町の特産品にまでなり「ふるさと納税」の返礼品にもなっています。

アワビ茸(足太あわび茸)は、菌床栽培により栽培されており、ハウスの中は高温多湿に保たれており、蒸し暑く亜熱帯原産のあわび茸が成長しやすい環境で生産されています。

アワビ茸(足太あわび茸)のレシピ

日テレ「満天☆青空レストラン」で「アワビのような食感!」と絶賛された「あわび茸のバター焼き」と「炊き込みご飯」のレシピを紹介します。

あわび茸のバター焼き(4人分)

1.足太あわび茸(5枚)は大きめに切り、アスパラガス(2本)はざく切りにします。
2.熱したフライパンにバター(10グラム)を溶かし、切ったアスパラガスと足太あわび茸を焼きます。
3.しんなりして焼き色が付いてきたら塩こしょう(適量)で味付けします。
4.お皿に盛りつけたら、少量のだし醤油で風味をつけて召し上がれ♪

炊き込みご飯

「足太あわび茸の炊き込みご飯の素」はコチラ!

【下準備】出汁の仕込み
出汁(400cc)、酒(大さじ1.5)、みりん(小さじ1.5)、塩(小さじ1/4)、醤油(大さじ1)を合わせます。

【下準備】具材の仕込み
ベビーホタテ(8個)を1/4に切り
人参(1/3本)と湯通しした油揚げ(1枚)は5ミリ角に切ります。
三つ葉(適量)はざく切りにします。

1.米(3合)を洗ってザルにあげ30分程晒します。
2.あわび茸(200グラム)は大きめに切り、鍋に仕込んでおいた出汁と入れて、汁気がなくなる位まで煮て冷まします。
3.ベビーホタテ(8個)は1/4に切り、人参(1/3本)と湯通しした油揚げは5mm角に切る。三つ葉はざく切りにする
4.煮て冷ましたあわび茸と煮汁を分け、煮汁にしょうゆ(小さじ2)、みりん(大さじ1)、かつお昆布だし(500cc)を合わせて540ccの「だし汁」にします。
5.土鍋(または炊飯器)に、お米、だし汁を入れて混ぜ、煮て冷ましたあわび、仕込んでおいた、帆立、人参、油揚げを乗せて炊きあげます。
6.炊きあがったら10分程蒸らして、かき混ぜます。
7.あとは、お茶碗によそい三つ葉を添えて召し上がれ♪

アワビ茸(足太あわび茸)は、何処で買える?直売所は?

アワビ茸(足太あわび茸)は、直売所「健康農園ビタミン村」で午前中のみの販売です。

【店名】健康農園ビタミン村(あわび茸栽培ハウス直売所)
【TEL(予約)】(0748)58-2377
【住所】滋賀県蒲生郡竜王町西川1825
【営業時間】9:00~12:00
【定休日】冬季に長期休業あり

予約済みの場合、土日祝日を除きヌーベルムラチの事務所で16時まで受け取りが可能です。

【会社名】株式会社ヌーベルムラチ(事務所)
【TEL(予約)】(0748)58-2377
【住所】滋賀県蒲生郡竜王町西川1437-1
【営業時間】9:00~16:00
【定休日】土日祝

道の駅

【施設名】道の駅「アグリパーク竜王」
【TEL】0748-57-1230
【住所】滋賀県蒲生郡竜王町山之上6526番地
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】月曜日休(祭日の時は翌火曜日)

【施設名】道の駅「竜王かがみの里」
【TEL】00748-58-8700
【住所】滋賀県蒲生郡竜王町鏡1231-2
【営業時間】AM 9:30~PM 6:00
【定休日】火曜日休(祭日の時は翌水曜日)

まとめ

足太あわび茸は、滋賀県竜王町のアワビのような歯ごたえのきのこ(アワビ茸)
5月~9月が収穫のピークと旬を迎える
竜王町のアワビ茸は通常のものと比べると、柄の部分が太いのが特徴
株式会社ヌーベルムラチ表取締役 邑地礼子さんが中心となり、地元の女性達と村おこしで栽培を始めた
直売所は「健康農園ビタミン村」で午前中のみの販売
現在では竜王町の特産品にまでになり「ふるさと納税」の返礼品にもなっている
アワビの様な食感を味わえるレシピはバター炒めがオススメ

アワビのような歯ごたえの肉厚きのこ「アワビ茸(足太あわび茸)」をお取り寄せして炊き込みご飯で是非召し上がって下さい♪

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク