ヒオウギ貝の通販/お取り寄せ!色違いの理由は?[青空レストラン]愛媛県愛南町 4月28日

スポンサーリンク

今回オススメする通販商品は食材で、愛媛県愛南町(宇和海)の5色とカラフルな「ひおうぎ貝(桧扇貝)/ヒオウギガイ」です。

満天☆青空レストラン(2018年4月28日放送)では、愛媛県愛南町で「ひおうぎ貝(桧扇貝)/ヒオウギガイ」と呼ばれる「橙(オレンジ)、赤、黄、紫、褐色」など5色以上の帆立を小柄にした様な二枚貝が紹介されます。

その色はまるで海の宝石箱です。

その味は「海のミルク」とよばれている帆立を凌ぐ甘みと濃厚さ!

また、オウギ貝は殻をバタバタと動かし、魚のように泳ぎ回るので「バタ貝」とも呼ばれている程で、身が引き締まっており、弾力のある食感も愉しめます。

食べ方は、焼いて良し、煮て良し、揚げて良し!とどんなレシピにも合います。

そんな帆立よりも甘みが強く濃厚で食感も堪らない「ひおうぎ貝(桧扇貝)」を食べてみたくありませんか?

スポンサーリンク


ひおうぎ貝とは?

ひおうぎ貝(桧扇貝)は、そのカラフルさが美しく食べた後もお皿の代わりにして愉しむ方も居るほどです。

色は5色で、その割合は、橙(オレンジ):7・赤:1・黄:1・紫:1で、中にはマーブル状の色合いもあるそうです。

実際には全てのひおうぎ貝がカラフルなのではなく、天然物では赤褐色のひおうぎ貝が多いそうです。

養殖物では、鮮やかな色の物を選別してから人口採卵により養殖しカラフルな「ひおうぎ貝」に育てています。

色がつく理由は分かっていない為、色の操作は出来ず、遺伝でその色が引き継がれます。

地方によっては、「緋扇貝」、「チョウタロウ」、バタバタと泳ぐので「バタ貝」、伊勢志摩では、「虹色貝」または、殻をパクパクとする姿から「アッパッパ」とも呼ばれています。

味や食感は?

パット見はカラフルで小柄な帆立貝で、ホタテと同じく二枚貝の種類です。

ホタテの様に貝柱を食べますが、ホタテより小さめです。

味はホタテよりも濃く甘味も強いのが特徴で、青空レストランが年間を通じて紹介した食材を2019年のおせち料理にする具材として採用が決まった程の極上の味です。

唯でさえ美味しいホタテを凌ぐ甘みって興味深くありませんか?

こんな貝柱食べたこと無い!

・・・と思われがちですが、コンビニの干し貝柱の貝の具材として使われていた事もあるので、お酒好きな方は、酒の肴として、もしかしたら知らず知らずの内に食べていた事があるかもしれませんね。

コストの関係か最近は中国産の

そして、貝柱以外にはヒモが食べられるのですが、シャキシャキした食感が特徴で、こちらも酒の肴として愉しめます。

ヒオウギ貝 色違いの理由は?

何故こんな鮮やかな色になった理由は定かでは有りませんが、カラフルな珊瑚に紛れて、身を守るためという説も有ります。

カラフル過ぎて目立ちすぎると思われるかもしれませんが、海底では光が届かず実際には地上程目立たないそうで、例えば赤い色は黒っぽく見えるそうです。

市場に出る頃はカラフルですが、漁場によって引き上げたときは、黒っぽくなっており、機械で磨く必要もあるそうです。

そして熱すると色が退化してしまう場合もあるそうですよ。

スポンサードリンク



食べ方・レシピ

刺し身で頂くのは勿論の事、炭火でバターしょうゆ焼き(バーベキュー)や、タルタルフライやアヒージョもオススメです。

青空レストランの乾杯メニューでは、パエリアが紹介されます。

ひおうぎ貝の通販・お取り寄せ

ひおうぎ貝は楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど通販サイトで販売されているので、お取り寄せが可能です。

ひおうぎ貝は弱い貝なので活き締めで送られてきます。

ひおうぎ貝のまとめ

カラフルな5色の二枚貝で、橙:7・赤:1・黄:1・紫:1の割合い
色がつく理由は分かっていない
カラフルな珊瑚に紛れて実を守る説もある
鮮やかな色の物を選別してから人口採卵により養殖
天然物では赤褐色のひおうぎ貝が多い
味はホタテより味が濃厚で甘みが強い
ヒモの食感が堪らない

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク