のらぼう菜 江戸東京野菜の通販/お取り寄せ[東京しゃも]レシピ!青空レストラン 4月21日

スポンサーリンク

今回ご紹介する通販食材は、旬の野菜「のらぼう菜(野良坊菜)」も入った春の野菜セットと、青空レストラン限定「東京しゃも熟成低温燻製セット」、「東京 しゃも 1羽・解体セット」と東京しゃもの卵を使った「プリン」です。

MCの宮川大輔さんが日本全国の美味しい食材を紹介する日テレ系列「満天☆青空レストラン(2018年4月21日放送)」の食材として、江戸東京野菜の一種「のらぼう菜」が紹介されます。

のらぼう菜は春の到来を告げる野菜で、菜の花によく似ており、クセがなく甘みもあるため、さっぱりと食べやすい野菜です。

今回、青空レストランが開店する東京都あきる野市で江戸時代から幕府の指定により生産が始まった歴史のある野菜です。

今回の投稿では

「のらぼう菜」とは

「のらぼう菜」の通販でのお取り寄せ情報

青空レストラン「のらぼう菜」の乾杯メニューで紹介される東京しゃも熟成低温燻製について

東京しゃも熟成低温燻製の通販でのお取り寄せ情報

をシェアします。

スポンサーリンク


「のらぼう菜」とは

「のらぼう菜」とは、単に「のらぼう」とも呼ばれており、漢字では「野良坊菜」と書き表されます。

春先に旬を迎え、菜の花によく似ており、クセがなく甘みもあるため、さっぱりと食べやすい野菜です。

東京の在来種の野菜を指定した「江戸東京野菜」の一種でも有ります。

その歴史は江戸時代にオランダから植民地ジャワ島を経由し「闍婆菜」(じゃばな)として伝わったとされる西洋アブラナの一種です。

江戸時代後期の1767年(明和4年)9月、関東郡代伊奈忠宥があきる野五日市の名主小中野四郎右衛門と網代五兵衛に命じて、「のらぼう菜」の種子を幕府の直轄地の村々に配布した記録が「闍婆菜種御請証文」に残っています。

また、天明の大飢饉(1782年~1788年)及び天保の大飢饉(1833年~1839年)の際、「のらぼう菜」を配り、人々を飢餓から救ったと云われています。

レシピ

青空レストランでは、
■ おひたし
■ カニあんかけ
■ オイスター炒め
などのレシピが紹介されます。

「のらぼう菜」のお取り寄せ

「のらぼう菜」が楽天市場、yahoo!ショッピング、Amazonなど通販サイトからお取り寄せが可能です。

東京しゃも熟成低温燻製

■ 東京しゃも熟成低温燻製についての投稿はコチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓

「東京しゃも」のお取り寄せ

「東京しゃも」は、「東京 しゃも 1羽・解体セット」と「プリン」のお取り寄せが可能です。

「東京しゃも」(浅野養鶏場)の産み立て卵で作るプリンです。

プリンの味を左右する卵に「東京しゃも」の産み立て卵が使われています。

青空レストラン公式通販・東京しゃも熟成低温燻製セット

青空レストラン公式通販では「東京しゃも熟成低温燻製」と「東京しゃもウィンナー」のセットが販売されます。

■ 東京しゃも熟成低温燻製セット 値段:¥3,800 +消費税

■ 東京しゃも熟成低温燻製セット 値段:¥3,800 +消費税のお取り寄せはコチラ!

「のらぼう菜」のまとめ

■ 東京しゃも熟成低温燻製についての投稿はコチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓

・・・東京都あきる野市で江戸時代に幕府の命で生産が始まった
・・・オランダから植民地ジャワ島を経由し「闍婆菜」(じゃばな)として伝わったとされる
・・・天明の大飢饉(1782年 – 1788年)及び天保の大飢饉(1833年 – 1839年)の際、人々を飢餓から救ったと云われている
・・・菜の花によく似ており、クセがなく甘みもあるため、さっぱりと食べやすい
・・・春が旬

サムネイル画像、アイキャッチ画像、本文中の画像は楽天市場の画像を使用しています。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク