しお北紫うに/塩うに[北紫雲丹(きたむらさきうに)]通販/お取り寄せ 岩手県ウニ牧場 青空レストラン 6月9日

6月 9, 2018

スポンサーリンク

今回紹介する通販食材は、岩手県洋野町(ひろのちょう)の「ウニ牧場」で収穫された「北紫雲丹(きたむらさきうに)」を3日間低温熟成させ作られるトロトロ塩ウニ「しお北紫うに」です。

これは是非ご飯のお供で頂きたい!

MC宮川大輔さんが全国の美味しい食材を紹介する日テレ「満天☆青空レストラン(2018年6月9日放送)」では、ゲストにお笑い芸人のWエンジン・チャンカワイさんを迎え、北三陸洋野町にある日本唯一の”ウニ牧場”で株式会社ひろの屋の下苧坪之典名人、小子内浜漁協の小子内洋一名人と「北紫雲丹(キタムラサキウニ)」を収穫します。

スポンサーリンク


しお北紫うに 通販/お取り寄せ[北紫雲丹(きたむらさきうに)]

今回青空レストランで収穫するウニは、岩手県洋野町(ひろのちょう)の「ウニ牧場」で収穫された[北紫雲丹(きたむらさきうに)]です。

[北紫雲丹(きたむらさきうに)]は、「洋野うに牧場の四年うに」という商品名で販売されています。

また、牛乳瓶に詰められた「牛乳瓶ウニ (キタムラサキウニ)」としても販売されています。

「しお北紫うに」は、岩手県洋野町(ひろのちょう)の「ウニ牧場」で収穫された「北紫雲丹(きたむらさきうに)」を3日間低温熟成させ作るトロトロ塩ウニです。
ミョウバンを使っていない為、雲丹独特の苦さがありません。

ウニの牧場で育つ「北紫雲丹(きたむらさきうに)」とは?

三陸海岸で収穫ウニの美味しさは、NHKの朝ドラ「あまちゃん」でも取り上げられるほどです。

ウニの味を左右するのは、餌で三陸海岸の「天然わかめ」や「昆布」で、三陸は、親潮と黒潮がぶつかり合いプランクトンも豊富なのと、「天然わかめ」や「昆布」を餌にしている為、他の地域で収穫されるウニよりも美味しいと云われています。

岩手県洋野町(ひろのちょう)の外洋10数キロ続く浅瀬に無数に設置された、深さ約3~5mの「ウニの牧場」と呼ばれるの養殖場で収穫される雲丹です。

洋野町の海岸は、リアス式海岸と呼ばれる三陸海岸独特の物と違い、隆起海岸と云われまるで天然の階段の様になっています。

そして、平らな岩盤が続いています。

「ウニの牧場」とは、ウニの餌となる「天然ワカメ」や「昆布」が、平らな岩盤の間と間に作られた自然の深さ約3~5mの溝に、まるで草原のように岩礁地帯に生い茂げりウニの餌場となる自然の養殖場です。

「北紫雲丹(きたむらさきうに)」は、じっくり3~4年間かけて、育てられたウニです。

先ず、稚ウニは港近くの「うに栽培漁業センター」で1年間かけて育てられ、その後、天然のワカメや昆布が海底に広がる天然の漁場で2年間育てられます。

そして仕上げとして、「ウニ牧場」でウニ漁が解禁の4月末までの期間に育てられます。

栄養豊富な「ウニ牧場」で育ったた北紫雲丹は、旨みがギュッと凝縮され、新鮮な自然の香りが口の中で広がります。

鮮度への拘り

鮮度に拘り注文が入ってからダイバーが「ウニ牧場」で潜って注文分だけ収穫するのでいつも新鮮です。

雲丹が苦手に食べて頂きたい!

北紫雲丹(きたむらさきうに)は、雲丹が苦手な方は、苦味と匂いが嫌いな方が多いと思います。

その苦さは雲丹の苦さでは無く、雲丹を保存する為に使用されるミョウバンからくる苦味と臭みなのです。

北紫雲丹(きたむらさきうに)にはミョウバンが使用されていないので苦味や臭みがありません

また、ウニは雑食で、餌になる海藻が無い場合、岩や時には廃タイヤまで食べてしまいます。

それも苦味の原因です。

しかし、「ウニの牧場」では、定期的にゴミを無くす為の清掃が行われている上、プランクトンが豊富で「天然ワカメ」や「天然昆布」が生い茂っている為、苦味の原因となる物質を食べる事は有りません

ですので、雲丹が苦手に食べて頂きたいのです。

青空レストランで紹介される「北紫雲丹(きたむらさきうに)」レシピ

小子内浜漁協女性部の皆さん、フレンドリーの大将、磯料理喜利屋さんによりウニ料理レシピが紹介されます。

ウニの軍艦巻き、
磯部揚げ
和風ペペロンチーノ

いちご煮

いちご煮とは、青森県の郷土料理で、雲丹やアワビを使った贅沢な潮汁です。

青空レストランで紹介される「いちご煮」で使用されたアワビは下苧坪之典名人の「ひろの屋」で販売されている「熟成あわび」でお取り寄せが可能です。

塩揉み熟成あわびについては別ページに投稿しました。
コチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

ご飯のお供「しお北紫うに」
ご飯のお供「北紫雲丹」を3日間低温熟成させ作られるトロトロ塩ウニ

しお北紫うに[北紫雲丹(きたむらさきうに)]まとめ

岩手県洋野町の浅瀬にある「ウニ牧場」で養殖されている
洋野町の海岸は、隆起海岸と云われまるで天然の階段の様になっている
餌場として「天然ワカメ」や「昆布」が生い茂っている
「北紫雲丹」はじっくり3~4年間育てられる
鮮度に拘り注文が入ってからダイバーが「ウニ牧場」で潜って注文分だけ収穫する
ミョウバンを使用していないので苦味が無い
栄養豊富な「ウニ牧場」で育ったた北紫雲丹は、旨みがギュッと凝縮され、新鮮な自然の香りが口の中で広がる
「しお北紫うに」は「北紫雲丹」を3日間低温熟成させ作られるトロトロ塩ウニ

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク