ウニ牧場の牛乳瓶入りウニの通販/お取り寄せ[生です旅サラダ 6月16日] 岩手県洋野町

スポンサーリンク

今回紹介する通販商品は、岩手県洋野町ウニ牧場の牛乳瓶入りウニです。

学校の夕飯でウニ 一本3500円 #ウニ瓶

A post shared by けーすけ (@ksk252) on

テレビ朝日系列の旅番組「朝だ!生です旅サラダ」-6月16日(土曜日)放送-の生中継のコーナーで、タレントのラッシャー板前と地元IAT岩手朝日テレビの市橋 里音奈、照井 七瀬アナウンサーが、岩手県・洋野町の三陸沖に広がる“ウニ牧場“から岩手の海の幸、洋野町のウニ、キタムラサキウニをリポートします。

三陸のウニは、新鮮さを保つ為になんと!牛乳瓶に詰められて販売されている無添加の生ウニがあるんですよ!

ウニ牧場の牛乳瓶入りウニは、ウニの苦味、臭みの原因となる型崩れ防止の為のミョウバンを使用していない為、ウニの苦味、臭みが無いのは当然の事、肉厚で濃厚な旨味が強いのが特徴です。

※苦味、臭みの原因となる型崩れ防止の為のミョウバンを使用していない為、型崩れがある場合がある事をご了承ください。
※6月18日放送のNHK「あさイチ」でもウニ牧場のウニが紹介されます
※秘密のケンミンSHOWでも紹介されました

スポンサーリンク


ウニ牧場の牛乳瓶入りウニとは?

ウニ牧場については、青空レストランでも紹介されたのでコチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

およそ40年前、岩手県の漁師さん達が継続的なウニの収穫を目指し、遠浅の海である三陸海岸の岩礁に人工的に1メートルの溝を作り、干潮時でも栄養豊富な海水を貯める事により天然のワカメや昆布が生い茂るウニの養殖場「ウニ牧場」を完成させました。

ウニの味は食べ物により左右されますが「ウニ牧場」で養殖されるウニは栄養分を蓄えた天然のワカメや昆布を食べて育つ為、肉厚で濃厚な旨味が強いのが特徴です。

旬は5月~7月で、甘み、旨味が一番増す期間です。

また、ウニ独特の苦味、臭みはウニは型崩れしやすい為、型崩れ防止に使用されるミョウバンなどの添加物が原因ですが、「ウニ牧場」で養殖されるウニはミョウバンなどの添加物を使用していない為、ウニ独特の苦味、臭みが無く、自然の磯の香りが香り、旨味が損なわれていません。

その旨味を保つ為、塩分が海と同じ塩分に浸されて牛乳瓶に詰められおり、海でとれたままの味で新鮮な生ウニがご自宅で味わえます!

ウニ牧場の牛乳瓶入りウニの通販/お取り寄せ

一番ふっくらと育つ4年目にウニ牧場で収穫されたウニを牛乳瓶に詰めた「ひろの屋」の「洋野うに牧場の四年うに(牛乳瓶入り160g)」

まとめ

ウニ牧場については別ページに投稿しました。
コチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

6月16日放送旅番組「朝だ!生です旅サラダ」の生中継のコーナーで、タレントのラッシャー板前が岩手県洋野町にあるウニ牧場のウニをレポート
ウニの新鮮さを保つ為に塩分が海と同じ塩分に浸されて牛乳瓶に詰められた牛乳瓶入りウニが紹介される
40年以上前、継続的なウニの収穫を目指し、遠浅の海の岩礁に人工的に1メートルの溝を作り、干潮時でも栄養豊富な海水を貯める事によりウニの餌となる天然のワカメや昆布が生い茂るウニの養殖場「ウニ牧場」を完成させた
「ウニ牧場」で養殖されるウニは栄養分を蓄えた天然のワカメや昆布を食べて育つ為、肉厚で濃厚な旨味が強いのが特徴旬は5月~7月で、甘み、旨味が一番増す
ウニ独特の苦味、臭みの原因となるミョウバンなどの添加物が使われていない為、ウニ独特の苦味、臭みが無く、自然の磯の香りが香り、旨味が損なわれていない
メディアでは秘密のケンミンSHOW、青空レストラン、あさイチなどで紹介された

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク