ウニ牧場[キタムラサキウニ&塩揉み熟成あわび]通販/お取り寄せ 岩手県 青空レストラン 6月9日

スポンサーリンク

今回紹介する通販食材は、MC宮川大輔さんが全国の美味しい食材を紹介する日テレ「満天☆青空レストラン(2018年6月9日放送)」で紹介された岩手県洋野町(ひろのちょう)の「ウニ牧場」で収穫された「北紫雲丹(きたむらさきうに)」のレシピで紹介されるウニとアワビが具材の贅沢な青森県の郷土料理である潮汁「いちご煮」の具材として使用された株式会社ひろの屋の「塩揉み熟成あわび」です。

今回の青空レストランの公式通販では、この株式会社ひろの屋の「塩揉み熟成あわび」と、ご飯のお供として紹介されるトロトロ塩ウニ「しお北紫うに」です。

スポンサーリンク


北紫雲丹(きたむらさきうに)&塩揉み熟成あわび 通販/お取り寄せ[

今回青空レストランのメイン食材は、岩手県洋野町(ひろのちょう)の「ウニ牧場」で収穫された[北紫雲丹(きたむらさきうに)]です。

[北紫雲丹(きたむらさきうに)]は、4年目の物が食べごろで「洋野うに牧場の四年うに」という商品名で販売されています。

また、秘密のケンミンショーでも紹介された塩分が海と同じ塩分に浸されて牛乳瓶に詰められ販売される「牛乳瓶ウニ (キタムラサキウニ)」でも有ります。

塩揉み熟成あわび」は、「北紫雲丹(きたむらさきうに)」のレシピで紹介されるウニとアワビが具材の潮汁「いちご煮」の具材として使用された株式会社ひろの屋の「塩揉み熟成あわび」です。

北三陸の「蝦夷アワビ」は、他の地方のアワビと比べ、非常に身が引き締まっているのが特徴です。

北三陸は、水温が低い為、成長に4~5年を要します。

その為、肉厚で食感がコリコリしており、キタムラサキウニと同様、栄養豊富な三陸海岸で育つ天然の昆布、ワカメなどの海藻を餌として食べている為、香りや旨味が凝縮されています。

その北三陸産の天然あわびを、丹念に塩揉みして旨みを凝縮したのが「塩揉み熟成あわび」です。

ウニの牧場で育つ「北紫雲丹(きたむらさきうに)」とは?

ウニの牧場で育つ「北紫雲丹(きたむらさきうに)については別ページに投稿しました。

コチラをご参照下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

塩揉み熟成あわび[北紫雲丹(きたむらさきうに)]まとめ

キタムラサキウニは、岩手県洋野町の浅瀬にある天然の地形を利用した「ウニ牧場」で養殖されている
三陸海岸は「天然ワカメ」や「昆布」が生い茂っておりキタムラサキウニと天然の蝦夷アワビは旨味が凝縮されている
キタムラサキウニの食べごろは4年目の物
キタムラサキウニ鮮度に拘り注文が入ってからダイバーが「ウニ牧場」で注文分だけ収穫する
キタムラサキウニは、ミョウバンを使用していないので苦味が無い
キタムラサキウニは、旨みがギュッと凝縮され、新鮮な自然の香りが口の中で広がる
「塩揉み熟成あわび」に使われる天然あわび(エゾアワビ)は、冷たい海で育つため、他の地方のアワビと比べ、非常に身が引き締まっている
「塩揉み熟成あわび」に使われる天然あわび(エゾアワビ)は、成長に4~5年をかける為、肉厚で食感がコリコリしている
「塩揉み熟成あわび」は北三陸産の天然あわびを、丹念に塩揉みして旨みを凝縮させる

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク