越冬紅みかん 通販/お取り寄せ@和歌山県善兵衛農園の山下紅早生 ごはんジャパン

スポンサーリンク

「ごはんジャパン(2019年2月9日放送)」は、~和歌山県 みかんの和菓子で段々畑を再現!~と題し、
和歌山・有田郡で、和歌山県「善兵衛農園」の山下紅早生みかんを熟成させた「越冬紅」を材料に
女流和菓子家・御園井裕子さんが究極の和菓子を作ります。

一緒に旅するのは「スイーツ男子」として知られる新日本プロレスのプロレスラー・真壁刀義さんです。

果たして和歌山・有田郡で、たった1軒の生産者だけが作るみかん“越冬紅”とは?

スポンサーリンク


越冬紅みかんとは?

越冬さぬき紅みかん
越冬さぬき紅みかん
「越冬紅」とは通常、秋に出荷する九州の紅みかん「山下紅早生みかん」を木の上で越冬完熟させた1個400円の最高級柑橘です。

生産しているのは、200年続くみかんの農家の6代目・井上栄次さんと後継者の長男・信太郎さんです。

井上さん親子の農場では2.6ヘクタールの敷地で1500本のみかんの木を栽培しています。

その中で越冬紅は、細心の注意が払われており、鳥獣害や寒さから果実を守るために一つ一つ二重袋をかけて木熟させています。

越冬完熟させることで秋に収穫する紅みかんよりも糖度が高くな味が濃厚になり、実がぷるぷるした食感で袋の皮も薄く仕上がります。

紅みかんは、普通につくると酸味が強いため甘くつくるのが難しい種類のみかんです。

そのため善兵衛では、秋に収穫する「紅みかん」は酸味を抑えるよう調整し、糖度とのバランスの良い状態に仕上げてから出荷する様にされています。

甘味の中にすっきりとした酸味が味わえる、昔ながらのみかんが再現されているのです。

越冬させることは木に大きなストレスをかけてしまいます。

そのストレスとは、具体的には、越冬させたみかんに養分を送り続けた木は養分がなくなり、枝先から枯れはじめたり、新芽がつかなかったり、みかんが実らなくなるリスクがあります。

その為、生産出来るのは10本のみで、10本から商品になるものはわずか400個!

沢山生産できない為、1月から2月上旬には売り切れてしまいます。

今年は2分で売り切れてしまったそうです。

実は、越冬紅は苦労の割には利益にならないそうです。

越冬紅みかん 通販/お取り寄せ

和歌山県善兵衛農園の越冬紅はすでに売り切れています。

※善兵衛農園の越冬紅販売ページはコチラ

しかし、越冬紅みかんは何も和歌山県の「善兵衛農園」のみで生産されている訳では有りません。

糖度は13度以上と、通常の10度を超える越冬紅は柑橘王国香川県でも生産されています。

越冬さぬき紅みかん通販

香川県で越冬みかんは「越冬さぬき」です。

更にみかんの品種の違いは有りますが、熊本県や長崎県でも越冬みかんは栽培されており、
糖度も13度以上と越冬紅みかんに引けをとりません。

熊本県の越冬袋掛けみかん 夢味(ときめき)は、なんと糖度は15度以上!

越冬紅みかん まとめ

越冬紅みかんは、和歌山県「善兵衛農園」で生産されている
越冬紅みかんは、秋に出荷される紅みかん「山下紅早生」を木の上で越冬完熟させたみかん
越冬紅みかんは、1個400円の最高級柑橘
越冬紅みかんは、効果にも関わらず1月の注文受付と同時に売り切れる
越冬紅みかんは何も和歌山県の「善兵衛農園」のみで生産されている訳では無く香川県の越冬みかん「越冬さぬき」が生産・販売されれいる
越冬みかんは、熊本県や長崎県でも越冬みかんは栽培されている

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク