【黒舞茸】真 通販/お取り寄せ/購入【青空レストラン】新潟県南魚沼市/大平きのこ研究所

スポンサーリンク

日テレ系「満天☆青空レストラン」(2018年11月24日放送)ではダイエット効果が期待される「MXフラクション」を多く含む舞茸の中でも最も多く「MXフラクション」を含む「黒舞茸」をMC宮川大輔さんとDA PUMPのISSAさんと”USAのピンクの服の人”ことDAICHI(加藤大地)さんが新潟県南魚沼市余川の「大平きのこ研究所」で収穫します。

「黒舞茸」と「舞茸の違い」は傘の色の違いに有り、味や香りが際だっている究極の「舞茸」で、希少且つ3倍以上の最高値で市場に僅かに流通しているのみです。

気になる「黒舞茸」のレシピで気になるのがチャーハンで、MC宮川大輔さんが、番組放送開始10年目にして始めて料理の腕を発揮し、その腕前に仰天します!

スポンサーリンク


黒舞茸とは?

今回の青空レストランは、新潟県南魚沼市余川で開店します。

今回南魚沼市で収穫するのは、天然の舞茸の一種「黒舞茸」です。

天然の舞茸は、傘の色に基づいて、シロフ・シロハ・シロフサ(白)、トラフ(茶)、クロフ・クロハ・クロフサ(黒)に分けられています。

中でも傘が黒い(クロフ)が最高のランクで且つ、希少性が高い為、市場価格も舞茸の中で、最高値で取引されています。

その特徴は、なんと言っても強い香りで、黒舞茸は身が締まりっており、食感が増します♪

この最高ランクのクロフ舞茸を追及し、大平きのこ研究所の茸士が黒舞茸「真」を創りあげました。

スポンサードリンク



黒舞茸と舞茸の違い

黒舞茸と舞茸の違いですが、違いは有りません。

正確に言うと、一般に知られている舞茸はトラフと呼ばれる傘が茶色い舞茸です。

一方、黒舞茸は、舞茸の中で、クロフ・クロハ・クロフサなどと呼ばれる傘が黒い椎茸です。

外見の違いだけ?

傘の色の違いが一番分かりやすい違いですが、一般に知られている傘が茶色い皆さんが舞茸と認識している舞茸と黒舞茸との違いで一番違っているのは、風味が高く、味が濃厚、独特の食感が有り、栄養分などが格段に優れているという点ですね。

例えば、ダイエットに有効とされる「MXフラクション」と名付けられた中性脂肪や血中コレステロールを低下させる効果がある成分

そして免疫力の活性効果、代謝を促す効果があるとのことで、健康面での効果が期待される「MDフラクション」と呼ばれる成分が通常の舞茸より強い点が挙げられます。

後は黒舞茸は天然ではとても希少だという事で、天然ん黒舞茸が市場に出ることは殆ど有りません。

ですのでとても効果で取引されています。

そんな希少な黒舞茸を栽培している研究所があり、その研究所が新潟県南魚沼市余川に有ります。

その研究所が「大平きのこ研究所」です。

大平きのこ研究所

今回名人として登場するの「大平きのこ研究所」の社長・大平さんの父親は、元々「雪国まいたけ」を生産販売しました。

大平社長は、キノコの人工栽培技術を確立して「雪国まいたけ」の販売で成功し、東証一部上場を果たしました。

そんな中、創業以来29年ぶりに赤字を出してしまった責任を取って「雪国まいたけ」を辞職しました。

しかし、キノコにかける情熱は冷めず、「舞茸本来の美味しさを日本は勿論の事、世界中に広めたい」との思いから「黒舞茸」の人工栽培技術を確立し「黒舞茸」の生産を始めました。

大平名人は、まず、野菜の栽培の上で基礎となる「土壌作」りにあたる、菌類の土壌とも言える「菌床作り」を始めました。

菌床の土台となる、国産広葉樹のオガの産地を探し歩き回り、適度な粒度と熟度のオガと出会いました。

「茸士(きのこし)」

「大平きのこ研究所」でユニークな点は、「茸士(きのこし)」と呼ばれる舞茸培養に関し、長年の経験と技術の伝承によって培われた技を持つプロフェッショナルが存在します。

「茸士」によって培養で重要な「自然に近い環境」が作り出されます。

栽培方法は、長期培養で行われます。

先ず、大きなブロック培地の「菌床」に「舞茸菌」を「植菌」し、約70日間培養します。

「大平きのこ研究所」では、培養の為に環境のコントロールを確立しています。

環境をコントロールする事により、舞茸菌は菌床のオガを多く分解する事が可能となっています。

培養を始めて約10日間で「舞茸の芽」が「大きな株」になるまで成長します。

そこで、「茸士」が、温度差による生きるか死ぬかのストレスや様々な刺激を加えながらな「自然に近い環境」を再現しています。

スポンサードリンク



          

黒舞茸 レシピ

究極の舞茸として、これまでの舞茸料理とは違う格別の風味の焼き、天ぷら、お吸い物などは勿論の事、ピザにもオススメです。

新潟県南魚沼市にあるイタリア料理店ピッツア「薪と石」では、高温の石窯で焼き上げたピザはサクサク食感が自慢でトッピングに、「大平きのこ研究所」の「黒舞茸」を使用しています。

美味しそう~♪

【店名】ピッツア「薪と石」
【TEL】0257-82-5049
【住所】新潟県南魚沼市中372-2
【営業時間(ランチ)】11:00~15:000
【営業時間(ディナー)】17:00~22:00
【定休日】なし

黒舞茸 購入は通販でお取り寄せ!

「大平きのこ研究所」の「黒舞茸」の極上品「真」は。楽天市場、Yahoo!ショピング、Amazonなどの通販サイトからお取り寄せ可能ですよ♪

黒舞茸 効能

黒舞茸の効能としては、ダイエット効果、健康促進の効果が期待されています。

舞茸には、「MXフラクション」と名付けられた中性脂肪や血中コレステロールを低下させる効果がある成分が有ります。

舞茸を摂取する事により「MXフラクション」が働き、体内の余分な内臓脂肪などを分解し、便とともに排出します。

そして、腸内で、便やガスを排出する腸の動きである「蠕動運動(ぜんどううんどう)」が活発化し、痩せ易い体質になる、という効果が期待されています。

この「MXフラクション」を舞茸の中で一番多く含むのが「黒舞茸」で、「まいたけダイエット」のレシピで使われる舞茸として勧められています。

黒舞茸を使った「まいたけダイエット」に関しては別途、コチラに投稿しました。

また、毎日黒舞茸のダイエットレシピで食事を作る暇がない方の為にサプリも販売されています。

他にも免疫力の活性効果、代謝を促す効果があると云われる「MDフラクション」と呼ばれる成分が有り、健康面での効果が期待されています。

まとめ

舞茸との違いは、傘の色が黒く、風味、味が格段に違う。
以下の成分が舞茸より格段に違う。
①ダイエットに有効とされる「MXフラクション」と名付けられた中性脂肪や血中コレステロールを低下させる効果がある成分
②免疫力の活性効果、代謝を促す効果があるとのことで、健康面での効果が期待される「MDフラクション」と呼ばれる成分
「大平きのこ研究所」で人工培養で生産されている
大平社長は、元々「雪国まいたけ」を生産販売しており、キノコ栽培のノウハウがあった
「大平きのこ研究所」には、「茸士(きのこし)」と呼ばれる舞茸培養に関し、長年の経験と技術の伝承によって培われた技を持つプロフェッショナルが存在する

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク